SBIインベストメントとアスタミューゼがCVC事業で業務提携

SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長 川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)とアスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 永井歩、以下「アスタミューゼ」)は、CVC※事業の投資先企業の発掘や投資検討支援などの事業において業務提携することをお知らせします。

img00.png

SBIインベストメントは、大手事業会社とCVCファンドの運営に取り組んでおり、これまでベンチャー企業への投資育成活動を通じたオープンイノベーション活動を支援して参りました。このたび、CVC事業の投資支援機能の更なる拡充を図り、より総合的なオープンイノベーション活動の支援を行うべく、新規事業アイデアや市場分析、技術活用、提携・M&A、事業化支援、経営の意思決定など幅広い分野に活用できる情報を有するアスタミューゼとの業務提携に至りました。本提携を通じて、より多くのお客様のオープンイノベーション活動を総合的に支援するとともに、より一層のイノベーション創出活動が可能になります。

アスタミューゼは、SBIインベストメントが運営するCVC事業の投資支援機能として、自社が持つ世界最大級のデータベースから、世界の様々な成長領域における最先端の研究やビジネスモデルの発掘、スタートアップ・大学研究室のソーシング、投資先企業のハンズオン、R&D戦略構築に必要な技術や知財情報、またその技術やアイデアの展開可能性のある成長市場の情報、提携候補先情報、出口候補となりえる大手企業の情報を提供致します。また、それらの情報を成長領域ごと、社会課題(SDGs)ごとに可視化することで、CVCファンドに出資する企業が中期経営計画・長期経営計画策定に活用することや、R&D戦略へのシナジー創出、社内外に対しての発信、合意形成に向けて利用が可能になります。このたびの提携により、ご提供した情報を多くの企業投資事業にご活用いただくことで、“人類の実現力を高める”を企業ビジョンに掲げ、これまでアスタミューゼが実施してきましたデータによる新規事業提案やイノベーション創出支援をさらに進化させていきたいと考えております。

※Corporate Venture Capitalの略。事業会社によるベンチャー企業への投資を指す。

SBIインベストメントについて

SBIインベストメントは、SBIグループのアセットマネジメント事業における中核的企業であり、「新産業クリエーター」として21世紀の中核的産業の創造および育成を担うリーディングカンパニーになるという経営理念のもと、ベンチャーキャピタルファンドの運用を行っております。1999年設立来、IT、バイオ・ヘルスケア、環境エネルギー、フィンテック、AI、ブロックチェーン等、成長領域における国内外ベンチャー企業909社に累計4,528億円(2019年6月末)の投資を行い、そのうち150社をIPOやM&Aの形で世の中に輩出してきました。また、CVC事業においては、大手事業会社とCVCファンドを設立し、7社と総額500億円規模のCVCファンドを運用、ベンチャー投資育成活動を行っております。企業発掘からデューデリジェンス、投資育成、エグジットまでの各フェーズにおいて、事業会社のコーポレートベンチャリングを全面的に支援し、事業会社とベンチャー企業の連携を通じたイノベーション創出に取り組んでいます。

本件に関するお問い合わせ

SBIホールディングス株式会社
コーポレート・コミュニケーション部
03-6229-0126

アスタミューゼ社 経営企画室 広報担当
Email: press@astamuse.co.jp