セミナー「"新たな可能性を探る" 新規事業創出のための情報活用」開催のお知らせ

日々溢れるように発信されている情報や様々なデータを活かし、自社の新規事業にどう活用していくのか・・・。多くの経営者や、経営企画室、新規事業担当者の共通の課題ではないでしょうか。情報を効率的かつ戦略的に活用し、未来の事業につなげる方法を、ビジネスパーソン2万人以上が利用する企業・業界分析の情報プラットフォーム『日経バリューサーチ』を提供している日本経済新聞社と、世界80か国・2億件の新事業、新製品/サービス、新技術/研究、特許情報等を保有し、『Innovation Capital Pathfinder(ICP)』を提供しているアスタミューゼが事例などを紹介しながら解説いたします。

  • 日時 2月25日(木)16:00~17:00
  • 内容
    1. 価値創造に繋げる情報活用の戦略的アプローチ
    2. 新規事業企画において自社で保有する技術情報を活用する方法
    3. Q&A
  • 参加費 無料
  • 定員 500名

セミナー概要

世界的なCOVID-19のパンデミックによって、渡航制限や外出制限等が実施され、その結果、世界経済は急速に減速し、国際通貨基金(IMF)がグレート・ロックダウン(大封鎖)と表現するほどの経済危機が発生しています。

また、日本では、東京オリンピック・パラリンピックの延期や、緊急事態宣言による活動制限により急激な環境の変化が発生している状況です。

この様な環境において、新規事業における企業の位置づけも刻々と変化しています。

本WEBセミナーにおいては、経営企画、営業企画、事業企画の方を中心に2万人以上が利用する企業・業界分析の情報プラットフォーム『日経バリューサーチ』を提供している日本経済新聞社より、価値創造に繋がる新規事業企画のための情報活用についてお話いたします。

また、世界80か国・2億件の新事業、新製品/サービス、新技術/研究、特許情報等を保有するアスタミューゼが提供する新規事業創出支援SaaSである『Innovation Capital Pathfinder(ICP)』を通じた、技術探索視点での新たな事業の探索方法について、お話をさせていただきます。

こんな方にオススメ

  • 経営企画や新規事業を担当されている方
  • 新規事業企画や自社で保有する技術の活用方法でお困りの方

お申込み

https://peatix.com/event/1801110/view#

※本セミナーはzoomを使用して実施いたします。
ご参加いただける場合には、事前にzoomをダウンロードしていただきますようお願いします。
初めて利用される方は、下記URLから事前にダウンロードをお願いいたします。

https://zoom.us/download

登壇者

長澤 伸一
株式会社日本経済新聞社 デジタル事業 情報サービスユニット
新規事業推進グループ ソリューションスペシャリスト
外資系メディア企業にて企業情報やVC投資情報の営業、かつ日本法人の法人営業を統括した後、日本経済新聞社に入社。現在は日経バリューサーチの営業推進を担当。

池田 直人
アスタミューゼ株式会社 事業開発本部 ディレクター
東京大学大学院修了後、大手グローバルコンサルティングファーム等を経てアスタミューゼに入社。アスタミューゼにおいては、新規事業創出のコンサルティングに従事すると共に、社内の新規事業である新規事業創出・提携投資支援SaaS・Innovation Capital Pathfinder(ICP)の事業責任者として事業推進を担当。

株式会社日本経済新聞社について

1876年に創刊した日本経済新聞を中核とする事業持ち株会社です。雑誌、書籍、電子メディア、データベースサービス、速報、電波、映像、経済・文化事業などを展開しています。その中でもデジタル事業では、2010年に創刊した「日経電子版」を始め、日本最大級の会員制ビジネスデータベース「日経テレコン」、企業財務、マクロ経済などのデータを提供する総合経済データベースサービス「NEEDS」、企業・業界分析のプラットフォームサービス「日経バリューサーチ」などのサービスを法人向けに提供しています。 【ホームページ】https://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/

登録情報の共同利用について

当セミナーの登録に際し取得した情報は、 共同開催者である株式会社日本経済新聞社と共同利用いたします。

共同して利用するお客さま情報

  • 基本情報(氏名、電話番号、メールアドレス)
  • 会社名、部署名
  • アンケート結果・視聴ログ

共同利用する者の範囲

  • 弊社と株式会社日本経済新聞社

利用する者の利用目的

  • 市場調査サービスに関する最新セミナーのお知らせ
  • 市場調査サービス利用意向のお問い合わせ
  • その他日本経済新聞社の個人情報の取り扱い、利用目的につきましては、以下のリンクからご確認ください。
  • http://www.nikkei.co.jp/digitalmedia/privacy.html

当該個人データの管理について責任を有する者の氏名又は名称

アスタミューゼ株式会社、株式会社日本経済新聞社