社員インタビュー掲載・キャリアコンサルタント 大塚義光

「その人の人生に深く関わる、これは天職だと思った。」

ootsuka_01.png 「人と話すこと、その人の人生に関わることが好きだった」 リサイクルショップの店長を務め、とにかく人に関わる仕事がしたい、と入社した大塚さん。

未経験ながら「募集要項を見て、この仕事は自分の天職だと思った」と語る大塚さんに、 人と関わる面白さ、その人の可能性を支援する楽しさについて聞きました。
--
大塚義光(おおつか よしみつ) 事業開発部 キャリアコンサルタント
小売業(リサイクルショップ)で10年以上店長を務め、その後アミューズメント関係の新規事業立ち上げやネットショップ事業の立ち上げを経て、2017年6月アスタミューゼに入社。 キャリアコンサルタントとして、知的財産関連の人材採用支援を担当
--
(聞き手:アスタミューゼ株式会社 広報 波多野智也)

■リサイクルショップの店長が、人材採用コンサルタントになった理由

――大塚さん、以前リサイクルショップの店長でいまは人材コンサルタントって面白い経歴ですよね。

古着やトレカ、中古ゲームを扱う店長を10年、その後はアミューズメント事業やECなど新規立ち上げの仕事をしてアスタミューゼに入社たのですが、転職活動時点から人材採用の仕事は意識していました。

とはいえ、採用に関わる仕事といえば店長時代のアルバイト採用くらいしか経験が無かったのですが。 それでも接客経験が豊富だったので「もっと人と関わる仕事」がしたい、「その人の人生に関わるには、人材採用の仕事だ」と考えていた頃、アスタミューゼの募集要項を見て「自分もここで活躍してみたいな」と応募したのがきっかけですね。

――他にも人材採用の仕事は世の中にあるけど、アスタミューゼのどこに惹かれたの?

たしか当時の募集要項に「1人の人生を左右する仕事です」と書いてあったんです。 読んだ時に「たしかに、あの人のおかげで今の自分がある」と思ってもらえる仕事があるのなら、それは僕の天職なのかも知れないと思ったんです。

もちろん知的財産や技術など専門的な知識も求められる責任感はあるけど、何より「その人の人生に入り込んで価値を提供する」ってすごい仕事だなって。 接客で人と関わるのが好きでしたし、そもそも人に興味がある。 例えばリサイクルショップにゲームを買いに来たお客さんがいますよね?言われたものを売るだけじゃなく、その人と仲良くなって考えや要望を聞いた上で「これ知ってます?」って提案するのが好きでした。

まず仲良くなって、その先で「この人になにが出来るかな」とつい考えちゃう。そういう性格を活かすにはいい仕事じゃないかと。

■初対面だから、まずは安心してもらうこと重視。

――実際入社してみて、やっぱりこれは自分に向いている!と感じました?

感じました。 求職者の人って、当然初対面で悩みや本音を言ってくれないじゃないですか。

そこで色々聞く前に、まず自分の話をしたんです。 僕もアスタミューゼに転職してきて、当時はこんなことを考えていて、こういうことで悩んでいて・・・と。

すると徐々に求職者の人がその話に乗っかって自分のことを話しだして。

自分が正直に話すと、相手も安心して自分のことも話してくれるし、過去の苦労話を聞いて「そんな苦労をされたのですね」と感心していたら、自然と企業側への説明に必要なその人の情報もどんどん話し始めて。

これ自分の特技なのかなぁと思いました。

――狙いじゃなくて、自然とそう振る舞うんですね。

はい、あと僕自身のキャラクターもあると思います。 喋り方もゆっくりだし、体が大きくてニコニコしているじゃないですか。

なんていうのかな、「この人悪い奴じゃない」みたいな(笑)

ほぼ初対面だから、やっぱり安心して話せるか?が大事なんですよ。 「頭が切れる男がハイレベルな話をするぞ」というオーラはないけど「なんかこの人に全部話しちゃおうかなー」って思わせる。

これもしかしたら、この仕事における最初の大事な仕事かもしれないです。 そこさえ出来れば、必ずしも一流の人材コンサルタントかどうかって関係ないのかなと。

■目標を明確にしたほうがいいし、僕もそういう人を増やしたい。

――言われて嬉しかった言葉とかありますか?

あります。以前ある特許事務所に入所された凄く頭のいい国立大学出身の方がいました。

その方は、それまで事務所での就労経験が無いためにどの事務所でも不採用が続いていて。 能力は絶対に高いのに、未経験がネックになっていたんです。それで僕が「ここなら」とピンと来た事務所を紹介したら、はじめて内定をもらったんです。

僕も本当に嬉しかったのですが、その方が内定決まってすぐに「本当に大塚さんに相談して良かった」と連絡してくれたんです。これいまだに覚えていますね。

長く仕事をすれば感謝の言葉をかけられることもあると思います。 でもその方は「よそでいくら動いてもダメだった」と半ば諦めていた状況でしたし、能力は絶対高い人だからチャンスをつかんで欲しいなと思って。

――その人の人生に入り込んだ。

そうそう。感謝されたかどうかよりも、本当にその人が行きたい場所に喜んで行くし、事務所側も「ぜひ来てください」って相思相愛の状態。ああこれを作れたんだと。

多くの方のキャリア支援をして思ったのは、やはり自分のやりたいことを明確に言える人って強いと思います。 「こういう企業に入り、こういうスキルを活かしてこれをやりたい」と、具体的な目標をイメージする。

転職理由は様々で、中には給与への不満や会社の経営状態が原因の人もいるし「正直、転職できればどこでも」というスタンスの人もいます。

それでも何かしら目標を明確にしてもらうと、僕らも企業に紹介する時「この人はこういう人です」「こんな意思を持っています」「あなたの企業でこんな力になれると思います」と紹介しやすくなるんですよね。

その目標が叶うかどうか?ではなく、まずは「これをやりたい」が明確かどうか。せっかく僕もこの仕事をしているので目標を明確に動く人がどんどん増えることに貢献したいなと思っています。

■長い時間を過ごすのだから、聞かれたくない話も正直に出来る間柄がいい。

――今後アスタミューゼでやっていきたい仕事はありますか?

理想は、採用のための人材紹介だけでなく、真の「コンサルティング」がしたいなと思います。

僕らの顧客企業の中には、社内リソースが少なかったり、そもそも自分たちはどういう人を採用したらいいかもわからない、という相談をよくもらいます。

もし、僕らが採用面も代行して「我々の方では1次面接通過しました」ということが出来たら、企業側も手間がなくなるし、すごくスピード感が出るし、精度が良ければアスタミューゼへの信頼も上がると思います。

――「どういう人を採用したら」と相談されて、大塚さんはなんと答えているんですか?

ぼくは「退職理由をしっかり聞いて、腑に落ちるかどうか考えてみてください」って言いますね。 退職理由は人それぞれだけど、大半は何かしらネガティブな話題が含まれるじゃないですか。

「僕は次のステージに進みたくて」と話していても、実はその裏に何かがある。 それをしっかり聞いた上で、「面接された方が腑に落ちる理由なら全然いいと思いますよ」と。

僕らが紹介する人に関してはしっかり下調べしますが、自己応募の場合こちらから聞かなければ言わないこともありますからね。

――退職理由が腑に落ちることがどう大事なのか、もう少し詳しく教えてください。

普通、退職理由って聞かれたくないじゃないですか(笑) 嫌なことを喋りたくないのは人として自然です、でも採用したらその人と長い時間を一緒に過ごすことになります。

ということは、まず人として好きかどうか?そして言っていることが腑に落ちるかどうか?って大きなポイントだと思います。

「本当に自分のことをさらけ出してくれるかどうか」を見極めるのが大事で、それを採用面接の場で確認するとなると「退職理由」を聞くのが一番だなと思います。

――綺麗ごとだけじゃない話もしてくれるし、聞いて納得できるし、と。

そこで綺麗ごとだけじゃない話を正直にしてくれて、聞いた話も納得できたら、いい出会いだと思うんですよね。 しかもそういう話をする時の雰囲気や立ち振る舞いには「その人の本当の部分」が出る。

僕もカウンセリングする際に必ず聞きますね。すると徐々に、最初話していることと違う「本当のこと」を話してくれるようになるんです、その理由がどういったものであっても、本音で話してくれた人は信用できるし、僕もその人のために何か動きたくなる。

大事なのはそれをしっかり話せる間柄かどうか、だと思うので、今後もこのスタイルでキャリア支援していきたいと考えています。