ニュース

2014.10.28

その他 未来を創るためのプラットフォームastamuse.comを提供するアスタミューゼ、
       世界初の国際知的財産取引所IPXI社と協業強化で合意

アスタミューゼ株式会社(代表取締役社長:永井歩、本社:東京都千代田区、以下アスタミューゼ)は、世界中のイノベーター達が研究開発、 商品開発、投資を通じて未来を創る活動に必要なサービスを開発し提供してまいりました。

このたびアスタミューゼは、これまでの実績に基づき世界初の国際知的財産取引所であるIPXI社(本社:米国イリノイ州シカゴ、以下IPXI社)と、 知的財産権の取引やライセンス分野での協業関係を強化することで合意しました。

アスタミューゼとIPXI社は2014年1月に、米国シリコンバレーでのミーティングを皮切りとして水面下でのパイロットプロジェクトを開始しておりました。このプロジェクトを通じ、 アスタミューゼはIPXI社が知財取引市場への上場を検討している特許ポートフォリオの価値を高め、最適な取引相手を発掘するためのデータ分析ソリューションを提供致しました。

IPXI日本代表の野田秀毅氏は、次のようにコメントしています。

「私たちは、アスタミューゼとの取り組みを心から歓迎します。アスタミューゼのような革新的なメンバーによってサポートされている知的財産の多角的な分析を通じ、 IPXIは取引される全ての知財商品(ULRコントラクト)の品質を評価するために、特許調査やデューデリジェンスを実施します。 私たちは、このアスタミューゼ社との協力関係によって、IPXIの市場が日本の特許や技術所有者にとって有用であることを実証できると期待しています。」

アスタミューゼCEOの永井歩は、次のようにコメントしています。

「この度の合意を契機に、私たちの提供するサービスや技術が、透明で効率的な知財取引市場の発展を促進し、より良い未来の実現に貢献できると信じています。」

 今後もアスタミューゼはIPXI社と共同で、グローバルな知財取引市場における適正なデューデリジェンスや、 イノベーション創出のためのよりよい提携・ライセンス候補探索のためのソリューションを提供する予定です。

■ IPXIについて
米国シカゴにある世界初の国際知的財産取引所
シカゴ・オプション取引所などが出資する。特許の使用権購入や売買への参加、自社の保有する特許を上場できる。
・U R L:https://www.ipxi.com/

本件に関するお問い合わせ先
【本件に関する問い合わせ先】
アスタミューゼ株式会社
担当:波多野、篠田 mail: press@astamuse.co.jp

ニュース一覧へ戻る

  • 法人の方向けお問い合わせ
  • 個人の方向けお問い合わせ

Menu